Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



週刊少年ジャンプ
5月12日号
第8巻第19号

発行日 発行人 発行所 判型 編集人 表紙
1975年5月12日 長野規 集英社 B5判 中野祐介 低俗天使

アストロ球団:遠藤史朗,中島徳博(p.5〜29)

トイレット博士:とりいかずよし(p.33〜47)

漫画ドリフターズ:榎本有也(p.48〜51)

炎の巨人:三枝四郎,竜崎遼児(p.54〜72)

低俗天使:手塚治虫(p.74〜118)

プレイボール:ちばあきお(p.123〜142)

包丁人味平:牛次郎,ビッグ錠(p.146〜165)

花も嵐も:梶原一騎,川崎のぼる(p.167〜185)

ど根性ガエル:吉沢やすみ(p.187〜200)

大ぼら一代:(p.203〜222)

魁傑物語:佐川わたる(p.224〜227)

女だらけ:柳沢きみお(p.229〜240)

サーキットの狼:池沢さとし(p.245〜262)


<低俗天使について>
2ページ目端書き
「四谷仁吉のかばんの中にとびこんできた女の子。この子が仁吉の運命を、大きくかえてしまった…!」

最終ページ目端書き
「ジュジュは死んではいない。フィルムの中、そしてまた、きみの心の中に、ずっと生きつづける…。」

目次コメント
「僕はいそがしいほうが、仕事にのれる。この「低俗天使」は、一週間に120枚の原稿をこなしている時に、アイデアがうかんだ。それも六本うかんだなかで、いちばん気に入り、きみに、ぜひ読んでもらいたいと思った作品だ。手塚ヒューマニズムといわれるものを、だしてみたんだけど、どうだったろう?」