Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[鉄腕アトムリストへ][1954年作品リストへ]

鉄腕アトム
第9話「コバルト」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1954年06月号〜09月号 少年 - 光文社 B5判 読切連載 -
1957年05月10日 - 鉄腕アトム2 光文社 A5判 - -
1958年10月25日 手塚治虫漫画全集6巻 鉄腕アトム1 光文社 A5判 - -
1966年06月01日 カッパコミックス 鉄腕アトム29 光文社 B5判 - -
1975年10月30日 サンコミックス 鉄腕アトム9 朝日ソノラマ 新書判 - -
1980年01月20日 手塚治虫漫画全集222巻 鉄腕アトム2 講談社 B6判 -
1987年06月06日 KCスペシャル308巻 鉄腕アトム4 講談社 B6判 -
1992年11月24日 豪華愛蔵版 鉄腕アトム1 講談社 四六判 -
1995年10月 光文社文庫 鉄腕アトム1 光文社 文庫判 -
1999年10月 サンデーコミックス 鉄腕アトム9 秋田書店 新書判 -
2002年06月 講談社漫画文庫 鉄腕アトム1 講談社 文庫判 -
2009年09月17日 鉄腕アトム<オリジナル版>復刻大全集 unit.1 ジュネオン B5判,ほか 雑誌掲載版の復刻
2015年02月23日 長編冒険漫画 鉄腕アトム2 復刊ドットコム A5判 光文社版の復刻

『作品内容』
ある国のロケット爆撃機が水爆を積んだままにほんのすぐ近海へ落ちてしまった。 アトムはそれを解体するよう
お茶の水博士に頼まれるがそのまま姿を消してしまう。 ヒゲオヤジ中村課長田鷲警部らは必死の捜索をし
ついに見付けるが,そのアトムはタマオ,ケン一,四部垣らのいるお茶の水小学校と仲のよくない平凡小学校の
生徒がお面をかぶっていたのだ。

お茶の水博士はアトム2号とも言うべきコバルトを完成させたが,彼はアトムほど精巧ではなく水爆の解体には耐
えられなかった。 そこでアトムとのシンクロ回路を使ってアトム捜索をさせる。 アトムは深海にいて水爆を探してい
たのだ。 しかし,エネルギーを使い果たしてしまいコバルトの真空管を使って水爆の爆発を未然に防ぐことに成功
する。

アトムらは水爆を落としてしまった国の人間と出会う。 彼らはコバルトの真空管を換える振りをして,その構造をそ
っくり真似して自分達のロボットに組み込む。 日本に戻ったアトムはその国にロボット技術をすっかり盗まれたとお
茶の水博士にわびる。 と,その時彼らの前には彼の国のロボットが姿をあらわす。 そっくり真似したためにアトム
とシンクロしてしまい,日本に来てしまったのだ。

アトムの父親母親が出演。

<参考文献:講談社豪華愛蔵版>

『映像化』
鉄腕アトム-第93話「コバルト」-
(1964年:虫プロ制作・テレビアニメ)

『図版使用書籍』
手塚治虫キャラクター図鑑1(1998年)
手塚治虫博物館:小林準治著(1998年)
鉄腕アトムコンプリートブック(2003年)
図説鉄腕アトム(2003年)
描きかえられた「鉄腕アトム」(2008年)
フィギュア王No.129(2008年)
「地上最大の手塚治虫」展(2012年)