Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[鉄腕アトムリストへ][1957年作品リストへ]

鉄腕アトム
第22話「幽霊製造機」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1957年01月号付録 少年 - 光文社 B5判 読切連載 -
1958年11月10日 手塚治虫漫画全集10巻 鉄腕アトム5 光文社 A5判 - -
1965年08月01日 カッパコミックス 鉄腕アトム20 光文社 B5判 - -
1969年05月10日 手塚治虫全集 鉄腕アトム11 小学館 新書判 - -
1971年04月01日 - 別冊少年マガジン四月号 講談社 B5判 - -
1975年07月25日 サンコミックス 鉄腕アトム4 朝日ソノラマ 新書判 - -
1980年05月20日 手塚治虫漫画全集224巻 鉄腕アトム4 講談社 B6判 -
1987年08月06日 KCスペシャル310巻 鉄腕アトム6 講談社 B6判 -
1992年12月18日 豪華愛蔵版 鉄腕アトム3 講談社 四六判 -
1995年10月 光文社文庫 鉄腕アトム3 光文社 文庫判 -
1999年08月 サンデーコミックス 鉄腕アトム4 秋田書店 新書判 -
2002年06月 講談社漫画文庫 鉄腕アトム2 講談社 文庫判 -
2009年09月17日 鉄腕アトム<オリジナル版>復刻大全集 unit.1 ジュネオン B5判,ほか 雑誌掲載版の復刻
2015年08月30日 長編冒険漫画 鉄腕アトム5 復刊ドットコム A5判 光文社版の復刻

『作品内容』
ゴルゴニア連邦の独裁者ヒトーリンは自分の政権を長続きさせるために自分の影を実体化させようとしていた。 そのために
お茶の水博士の友人であるパブロス博士は「幽霊製造機」の製作を続けていた。 しかし彼はヒトーリンの不興を買ってしまい,
代わりにお茶の水博士を呼ぶように言われる。

博士は研究を手伝って欲しい旨書かれた手紙を受け取るが,アトムはあぶり出しを見付けそこには来てはいけないと書かれ
ていたのだった。 いくべきかいかざるべきか迷う博士だったが,ゴルゴニアのロボットカーが迎えに来て強引に連れ去ってしま
うのだった。 それを知ったアトムはに止められながらもロボット法を犯し国境を越える。

ゴルゴニアに着いたアトムはそこでプラチナというゴルゴニア最高のロボットと出会う。 彼は仲間と共にヒトーリンに反抗を続け
ていた。 この時も敵が攻めて来,彼はアトムにロンロン山のブラムウスを訪ねるように言って戦いに出掛けていく。 その頃お茶
の水博士はパブロスに出会い研究についての話を聞いていた。

そこへプラチナが捕らえられて幽霊製造機の実験に使われるところだったが,博士はプラチナを助ける。 彼の生みの親はパ
ブロス博士だったのだ。

アトムはブラムウスに会うが,彼の体はなぜか透けて見えていた。 そしてアトムに忍び込む算段を話す。 一方お茶の水博士と
パブロスは幽霊製造機を完成させていた。 パブロスはお茶の水博士にもうこの国からは出られない,といってそれを書いた手
紙を渡す。 怒り心頭に発する博士だったが手紙を見て驚く。

言論統制の利いているこの国では口ではそのように言うしかなかったのだ。 手紙の中にはプラチナのなおし方と逃げ方が記さ
れていた。 パブロスはヒトーリンの幽霊をつくろうとするが,側近の裏切りによりヒトーリンは命を落とし,パブロスも撃たれてし
まう。

プラチナはお茶の水博士を助けるために破壊され,そこにアトムが現れる。 アトムはお茶の水博士をブラムウスの元に連れて
行く。 彼は何とパブロスの影だった。 パブロスはとっくに幽霊製造機を完成させていたのだ。

<参考文献:講談社豪華愛蔵版>

『映像化』
鉄腕アトム-第8話「幽霊製造機」-
(1963年:虫プロ制作・テレビアニメ)

『図版使用書籍』
手塚治虫の軌跡(1992年)
鉄腕アトムコンプリートブック(2003年)
図説鉄腕アトム(2003年)
描きかえられた「鉄腕アトム」(2008年)
東京人 2008年12月号(2008年)
「地上最大の手塚治虫」展(2012年)