Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[鉄腕アトムリストへ] [1960年作品リストへ]

鉄腕アトム
第37話「宇宙ヒョウ(原題:宇宙豹)」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1960年02月号〜04月号 少年 - 光文社 B5判 読切連載 -
1965年02月01日 カッパコミックス 鉄腕アトム14 光文社 B5判 - -
1968年10月30日 手塚治虫全集 鉄腕アトム1 小学館 新書判 - -
1975年08月30日 サンコミックス 鉄腕アトム5 朝日ソノラマ 新書判 - -
1980年08月20日 手塚治虫漫画全集227巻 鉄腕アトム7 講談社 B6判 -
1980年12月01日 月刊マンガ少年別冊 鉄腕アトム1 朝日ソノラマ B5判 - -
1987年06月06日 KCスペシャル308巻 鉄腕アトム4 講談社 B6判 -
1993年02月23日 豪華愛蔵版 鉄腕アトム5 講談社 四六判 -
1995年10月 光文社文庫 鉄腕アトム5 光文社 文庫判 -
1999年08月 サンデーコミックス 鉄腕アトム5 秋田書店 新書判 -
2002年07月 講談社漫画文庫 鉄腕アトム4 講談社 文庫判 -
2010年03月16日 鉄腕アトム<オリジナル版>復刻大全集 unit.3 ジュネオン B5判,ほか 雑誌掲載版の復刻

『作品内容』
ふしぎな雪が降ってきた。 ロボットなど機械のエネルギーを吸い取ってしまうのだ。 おかげで車は動かなくなり,
アトムの父も機能を停止してしまう。 しかしアトムはその膨大なエネルギーのために普通に行動可能であっ
た。

そのアトムの家にある男と6本足の豹が来た。 ヒョウは雪と同じ力を持っており,アトムのエネルギーを吸い取ろ
うとする。 アトムは彼らを撃退するが,ヒゲオヤジがさらわれてしまう。

次の日,学校にいったアトムにタマオ四部垣らが両親のためにエネルギー補充器を理科室から持っていこう
と提案する。 しかし,その理科室にはあのヒョウが忍び込んでおりアトムとの戦いになるがヒョウはお茶の水研究
所に落下してそのままパラフィンで固められる。 お茶の水博士によるとヒョウは宇宙から来た群体生物だという。
そこへあの怪人がヒゲオヤジとヒョウの交換を申し出てくる。

アトムたちは怪人もろとも捕まえようとするが失敗し,怪人は逃げてしまう。 一方ヒゲオヤジも脱走に成功し,それ
を怪人に追いかけられていた。 そこへヒゲオヤジも知らない巨大なロボットが現れた。 ヒョウたちが自然のエネル
ギーに弱い事を知り,雷に撃たせて勝利を得る。 その巨大なロボットとはアトムを筆頭に多くのロボットが組み合
わさったものだった。 そうすれば多少エネルギーを吸われても平気なのだ。

中村課長田鷲警部が出演。

<参考文献:講談社豪華愛蔵版>

『映像化』
鉄腕アトム-第44話「宇宙ヒョウ」-
(1981年:手塚プロ制作・テレビアニメ)

『図版使用書籍』
手塚治虫の軌跡(1992年)
手塚治虫の奇妙な資料(2002年)
鉄腕アトムコンプリートブック(2003年)
描きかえられた「鉄腕アトム」(2008年)
東京人 2008年12月号(2008年)
「バンパイヤ」第二部完結編(2014年)
僕らが愛した手塚治虫<復活編>(2016年)
鉄腕アトムの世界(2017年)