Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[鉄腕アトムリストへ] [1960年作品リストへ]

鉄腕アトム
第39話「ロボット流し」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1960年夏の増刊号 少年 - 光文社 B5判 読切連載 -
1965年07月01日 カッパコミックス 鉄腕アトム19 光文社 B5判 - -
1969年06月10日 手塚治虫全集 鉄腕アトム12 小学館 新書判 - -
1975年07月25日 サンコミックス 鉄腕アトム4 朝日ソノラマ 新書判 - -
1980年09月20日 手塚治虫漫画全集228巻 鉄腕アトム8 講談社 B6判 -
1981年03月01日 月刊マンガ少年別冊カラー版 鉄腕アトム7 朝日ソノラマ B5判 - -
1987年04月06日 KCスペシャル306巻 鉄腕アトム2 講談社 B6判 -
1993年02月23日 豪華愛蔵版 鉄腕アトム5 講談社 四六判 -
1995年10月 光文社文庫 鉄腕アトム5 光文社 文庫判 -
1997年04月20日 - 鉄腕アトムORIGINAL 光文社 B5判 復刻版
1999年07月 サンデーコミックス 鉄腕アトム4 秋田書店 新書判 -
2002年07月 講談社漫画文庫 鉄腕アトム4 講談社 文庫判 -
2002年08月07日 ちくま文庫 手塚治虫SF傑作集「時間旅行者編」 筑摩書房 文庫判 二階堂黎人・選
2010年03月16日 鉄腕アトム<オリジナル版>復刻大全集 unit.3 ジュネオン B5判,ほか 雑誌掲載版の復刻

『作品内容』
かつてはお盆と呼んでいた日。 今ではその日には亡くなった人そっくりのロボットを注文して3日間だけ滞在させる「思い出の日」となっていた。
アトムはヒゲオヤジから頼まれてある家のジロウという少年になる事になった。 そこでは父(デコーン),母共に大喜びしてアトムをジロウの部
屋に案内する。 ジロウは少年科学者で時航機を発明したままどこかへ消えてしまっていた。

彼はその発明のために多額の金を質の悪い男から借りていたために未だに取り立てに来ていた。 怒るアトムは彼らを投げ出してしまうがジ
ロウはそんな事をしなかったと母親に叱られてしまう。 アトムは時航機を動かして20世紀へいく。 そこには以前時航機で来たまま取り残されて
しまったジロウがいた。

一緒に21世紀へ戻る二人。 そこへ来ていた借金取りをアトムはのすが,彼らをのせたまま時航機は動き出してしまう。 ジロウは両親に再会を
果たす。 3日間の「思い出の日」が終るとロボット達は川へ流されるのでした。

<参考文献:講談社豪華愛蔵版>

『図版使用書籍』
手塚治虫キャラクター図鑑1(1998年)
鉄腕アトムコンプリートブック(2003年)
図説鉄腕アトム(2003年)