Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[鉄腕アトムリストへ] [1961年作品リストへ]

鉄腕アトム
第44話「ホットドッグ兵団」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1961年03月号(3月号付録で開始)
〜10月号
少年 - 光文社 B5判 読切連載 -
1964年11月01日 カッパコミックス 鉄腕アトム11 光文社 B5判 前編 -
1965年01月01日 カッパコミックス 鉄腕アトム13 光文社 B5判 後編 -
1968年10月30日 手塚治虫全集 鉄腕アトム1 小学館 新書判 - -
1975年06月20日 サンコミックス 鉄腕アトム1 朝日ソノラマ 新書判 - -
1978年12月08日 豪華愛蔵版 鉄腕アトム1 朝日ソノラマ A5判 - -
1980年10月20日 手塚治虫漫画全集229巻 鉄腕アトム9 講談社 B6判 -
1981年01月01日 月刊マンガ少年別冊カラー版 鉄腕アトム3 朝日ソノラマ B5判 - -
1981年01月01日 月刊マンガ少年別冊カラー版 鉄腕アトム4 朝日ソノラマ B5判 - -
1982年06月01日 ほるぷ版手塚治虫選集2巻 鉄腕アトム2 ほるぷ出版 A5判 - -
1984年01月01日 手塚治虫作品集9 鉄腕アトム1 翠楊社 A5判 - -
1987年05月06日 KCスペシャル307巻 鉄腕アトム3 講談社 B6判 -
1993年03月23日 豪華愛蔵版 鉄腕アトム6 講談社 四六判 -
1995年11月 光文社文庫 鉄腕アトム6 光文社 文庫判 -
1999年07月 サンデーコミックス 鉄腕アトム1 秋田書店 新書判 -
2002年08月 講談社漫画文庫 鉄腕アトム5 講談社 文庫判 -
2004年07月01日 - 手塚治虫マガジン7月号 kkベストセラーズ B5判 - -
2004年08月01日 - 手塚治虫マガジン8月号 kkベストセラーズ B5判 - -
2004年09月01日 - 手塚治虫マガジン9月号 kkベストセラーズ B5判 - -
2010年03月16日 鉄腕アトム<オリジナル版>復刻大全集 unit.3 ジュネオン B5判,ほか 雑誌掲載版の復刻
2010年07月23日 鉄腕アトム<オリジナル版>復刻大全集 unit.4 復刊ドットコム B5判,ほか 雑誌掲載版の復刻

『作品内容』
<わがいとしのペロ>
ある雨の日にヒゲオヤジが拾った犬はペロと名づけられて今ではヒゲオヤジにとって自慢の一つであり, ケン一四部垣
タマオ等に話をするのだった。 しかし,そのペロを謎の女にさらわれてしまう。

<とんできた怪飛行士>
お茶の水小学校の校庭に謎のロケットが降りてきた。 そこからは怪しい男が一人降りてきて,ヒゲオヤジを訪ねる。 それから
黙って帰ろうとしたところをアトムが追いかける。 取り逃がしてしまうがアトムはシクロノメーターを仕込む事に成功する。

<北極海のはて>
あの怪人は北極海のはてに帰っていった。 そこにはアンタマリア大公妃と呼ばれるあのペロをさらった女がいて,彼の事を「
44号」と呼ぶのだった。 44号はロボット医のポンコッツの部屋で大量の犬の毛皮を見付ける。 その中に妙に懐かしい匂いの
するものを見付け,ポンコッツから手柄を立てたらもらう約束を取り付ける。 彼らはアンタマリアに従うロボット兵団であり,月
へ向かうロケットをすべて打ち落としていた。 というのもアンタマリアはイワンと共に月にいったあのミーニャの娘だったのだ。
シクロノメーターに従ってやってきたアトムはペロの毛皮を持つ44号からそれを奪い返す。 日本に帰り,毛皮をヒゲオヤジに
渡したが44号はそれについてきてアトムとの対決の末警察に捕まってしまう。 お茶の水博士によれば44号は純粋なロボット
ではなく,生き物,それも犬の神経を体中に張り巡らせたサイボーグではないかと言う。 アトムは44号はペロではないか,と
いいその後の裁判でもヒゲオヤジの尋問には彼は素直に答えた事からほとんどその事は立証された。 留置所に入っている
44号を出すためにヒゲオヤジは中村課長田鷲警部等に自分が身元引受人になると話す。 悩む44号。 アトムは航空自衛隊
と共にホットドッグ兵団の根拠地に乗り込むが,人工濃霧などのためにたどり着けたのはアトム一人だった。 アトムはそこで
凍らされてしまう。 その後に来た44号は謀反人として捕らえられるが,脱走に成功しヒゲオヤジの頼みに従ってアトムを助け
に走るのだった。

<44号の友情>
氷付のままポンコッツ博士に爆発させられそうになったアトムは44号によって助けられる。 しかし,44号はヒゲオヤジとの約束
を果たしただけだ,これからはまた敵同士だと話して去っていくのだった。

<宇宙空間の対決>
おとりとなって月に向かうロケットに乗り込むアトム。 作戦どおりアトムはホットドッグ兵団のロケットには動物の神経を麻痺させ
るガスを充満させる事に成功する。 しかし,ロケットは操縦不能になりそのまま月の引力に引かれて落ちていく。 アトムはせめ
て自分と44号の乗っているロケットだけでも何とかしようと外に出て自力でロケットを不時着させる。

<月の火口の秘密>
ロケットを何とかして直そうとするがなかなか旨くいかないアトム。 44号たちは体の自由がいまだに治っていなかった。 しかし,
アトムがいない間にガスの効き目が消えている事に気付く。 光線銃などを用意してアトムを待ち伏せるが,アトムにはすべてが
聞こえていた。 44号と組み合って谷に落ちたアトムはそこに大量のダイヤを見付ける。

<月世界の死の都>
アトムと44号はかつて月に栄えていたフィドラの国の学者の遺言テープを見付ける。 そこにはダイヤを大量生産させるために
隕石を月にぶつけていた事実が語られ,そのために滅び行く都の話があった。 そしてそれらのダイヤを守るためにロボット巨
人がいる事も。 巨人がアトム等を襲うが二人は逃げる事に成功する。 その頃月にはアンタマリヤ等が来ていて大量のダイヤを
見付けていた。 44号は手をつけてはいけないと話すが,そこへあの巨人が現われ,アンタマリアやポンコッツなどは命を落と
す。 44号は再び改造手術を受け,元のペロの体に戻っていった。 そして月の夜になるとペロは月に向かってほえるのだった。

ヒョウタンツギ(p.153), スパイダー(p.225), フランケンシュタイン(p.237)が出演。

<参考文献:講談社豪華愛蔵版>

『映像化』
鉄腕アトム-第32話「ホットドッグ兵団」-
(1963年:虫プロ制作・テレビアニメ)

『図版使用書籍』
増刊リリカ"ユニコ特集号"(1978年)
手塚治虫とっておきの話(1990年)
手塚治虫はどこにいる(1992年):夏目房之介著
手塚治虫キャラクター図鑑1(1998年)
メトロポリス The Movie メモワール(2001年)
鉄腕アトムコンプリートブック(2003年)
図説鉄腕アトム(2003年)
描きかえられた「鉄腕アトム」(2008年)
東京人 2008年12月号(2008年)
手塚治虫展図録(2009年)