Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[鉄腕アトムリストへ] [1962年作品リストへ]

鉄腕アトム
第47話「宇宙の寄生虫」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1962年01月号〜04月号(本誌,付録) 少年 - 光文社 B5判 読切連載 -
1966年04月01日 カッパコミックス 鉄腕アトム27 光文社 B5判 - -
1976年03月31日 サンコミックス 鉄腕アトム17 朝日ソノラマ 新書判 - -
1980年11月20日 手塚治虫漫画全集230巻 鉄腕アトム10 講談社 B6判 -
1993年04月23日 豪華愛蔵版 鉄腕アトム7 講談社 四六判 -
1995年11月 光文社文庫 鉄腕アトム7 光文社 文庫判 -
2000年02月 サンデーコミックス 鉄腕アトム17 秋田書店 新書判 -
2002年08月 講談社漫画文庫 鉄腕アトム6 講談社 文庫判 -
2005年10月25日 - 「少年」オール復刻BOX 光文社 BOX判 -
2010年07月23日 鉄腕アトム<オリジナル版>復刻大全集 unit.4 復刊ドットコム B5判,ほか 雑誌掲載版の復刻

『作品内容』
ヒゲオヤジがクラスの生徒のお見舞いにいくと,彼は両親が別人のようだと話す。 その日泊ったヒゲオヤジは次
の日に動く木を見る。 それを見た生徒の親は銃を向けてきた。 彼は急いで中村課長に電話をかけて警察の出
動を要請する。 火をかけた森からヒゲオヤジ達をアトムが助け,その時円盤を見るが追跡は断念して,動く木を
お茶の水博士の元へ届ける。

夜散歩をしていたタマオは巨大なネズミを見る。 警官はそのしっぽを撃ちきるがそのしっぽも動いていた。 博士
等は木としっぽは同じ成分で出来ている事をつきとめ,そのそれぞれが生きていると推測した。 その夜アトムと
話していた博士の部屋に怪しい男が忍び込む。 彼は自分達は別の天体から来た微少な生き物であるといい,
地球の要らない生き物に寄生させて欲しいと話す。

博士は次の日の会議の結果で決めるといって男を返す。 結局宇宙人の地球への移住は拒絶する事になり,そ
の合図をする。 それから田鷲警部等が警戒態勢を張るが,町中巨大なネズミに襲われてしまう。 しかもそのネ
ズミは死なないのだ。 バラバラになってもそのそれぞれが生きているので始末が悪い。

円盤の観測を続けていた秋葉博士も宇宙人に寄生されていた。 しかし,アトムはその前に観測結果を見ていた。
宇宙人達は北極と南極から入ってくるという。 ヒゲオヤジは宇宙人がバン・アレン帯という放射能の帯を避けて
いる事を突き止める。 ヒゲオヤジとアトムは彼らをバン・アレン帯に誘い込み見事全滅させるのだった。

田手上博士マグーヒョウタンツギ(p.233), アトムの母が出演。

<参考文献:講談社豪華愛蔵版>

『映像化』
鉄腕アトム-第61話「宇宙の寄生虫」-
(1964年:虫プロ制作・テレビアニメ)

『図版使用書籍』
手塚治虫の軌跡(1992年)
手塚治虫キャラクター図鑑1(1998年)
手塚治虫博物館:小林準治著(1998年)
鉄腕アトムコンプリートブック(2003年)
僕らの愛した手塚治虫(2006年)
描きかえられた「鉄腕アトム」(2008年)
鉄腕アトムの世界(2017年)