Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1974年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第52話「人面瘡」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1974年12月09日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1975年05月20日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック5 秋田書店 新書判 -
1982年12月20日 手塚治虫漫画全集162巻 ブラック・ジャック12 講談社 B6判 -
1987年04月05日 豪華版 ブラック・ジャック1 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック1 秋田書店 文庫判 -
2003年11月01日 - 手塚治虫マガジン11月号 KKベストセラーズ B5判 - -
2004年12月25日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック4 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
顔中を包帯にくるんだ患者がブラックジャックの元を訪れた。 彼は顔全体がかぶれた状態になっていた。 「人面瘡」だという。
しかも自分の意識とは関係なくしゃべり出すのだといい、ブラックジャックが手術を始めようとすると急に反抗を始める。 徹底
的な二重人格だと判断したブラックジャックは荒療治を施す。 別の人格が出ている時に銃で彼を撃ちその上で整形手術をし
たのだ。 彼の顔は元どおりになり、手術料を払うのに自分の家まで来てくれという。

訪ねたブラックジャックであったが彼は15人を殺して指名手配されていた。 彼は殺人嗜好症とも言うべきであり、ブラックジャ
ックをも殺そうとする。 そのとき彼の顔にあの人面瘡が出てきた。 そして彼はそのまま崖を飛び降りて自殺をする。 もう一人
の彼はそのまま死なせてやれと話す。 もしかしたら人面瘡は彼の良心だったのかもしれない。

<参考文献:チャンピオンコミックス>