Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1975年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第89話「おばあちゃん」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1975年09月08日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1976年01月20日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック7 秋田書店 新書判 -
1982年10月20日 手塚治虫漫画全集160巻 ブラック・ジャック10 講談社 B6判 -
1987年05月25日 豪華版 ブラック・ジャック2 秋田書店 四六判 -
1990年06月30日 - 手塚ファンマガジン85 手塚治虫ファンクラブ A5判 表紙絵のみ -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック2 秋田書店 文庫判 -
2004年08月01日 - 手塚治虫マガジン8月号 kkベストセラーズ B5判 - -
2004年12月25日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック6 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
ブラックジャックはある家族連れを車に乗せて、甚大先生(フランケンシュタイン)の噂を聞く。 その家のおばあちゃんがこの世の名
医は甚大先生とブラックジャックだけだと話しているという。 そのおばあちゃんはがめつく、留守番代をよこせだの小遣いをよこせだ
のと散々言っていた。

ブラックジャックは甚大先生の事を調べ、その夫人を訪ねる。 彼はブラックジャックと同様高い診察料をとる事で有名だった。 今か
ら20年ほど前に亡くなったが、晩年訪ねてくるのはある一人の女性だけだったという。 その女性は息子(伊万里大作)がニーマン・
ピック病で当時で1200万円請求されたのだ。 彼女は血のにじむような内職をし、今は息子夫婦からもらう小遣いはすべてもってき
ているという。 そんな時彼女が訪ねて来、最後の支払いを済ませた。 あのおばあちゃんだった。 彼女がそんなに多くのお金を何に
使っているのか知らない息子は後を付けてきて、ブラックジャックと甚大夫人の話しを聞いていた。 真実を知った彼は母を追いかけ
るが、彼女は道端で倒れていた。 気が緩んだとたんに脳溢血を起こしたのだった。 ブラックジャックは治療代として3000万円要求し、
彼は一生かかっても払うといいきったのだ。

ヒョウタンツギ(p.180)やブタナギ(p.196)が出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
誕生!「手塚治虫」(1998年)
ダ・ヴィンチ2月号(2003年)
手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから(2013年)
手塚治虫とキャラクターの世界(2013年)
手塚治虫ぴあ(2016年)