Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1975年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第96話「道すがら」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1975年11月03日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1976年06月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック8 秋田書店 新書判 -
1982年11月20日 手塚治虫漫画全集161巻 ブラック・ジャック11 講談社 B6判 -
1988年02月20日 豪華版 ブラック・ジャック8 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック8 秋田書店 文庫判 -
2005年01月20日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック7 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
スペインのある村で強盗に襲われるブラックジャック。 村人(オッサン)に助けられ1週間ほどした時、村の顔役である
ロペスの息子を診てくれ、と頼まれる。 彼は破傷風であり、早急な治療が必要であったが、ブラックジャックは彼が強
盗であることに気付く。 ロペスに手術料として息子が奪った金全部を要求するが、ロペスは息子が強盗であることを
認めようとはしない。 治療も済み、ロペスはお礼を差し出すがブラックジャックは受け取ろうとはしなかった。

それから1年後、ブラックジャックの家を不意にロペスが訪れる。 息子は縄で縛られて同行してきた。 ロペスは息子が
口を割った、といいピストルをブラックジャックに渡す。 だが、ブラックジャックは彼を傷つけたらまた治したくなるだけ
だ、といい彼らを帰すのだった。

村人でラムネ,カルピスが、 ロペスの部下でヨッツンが出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
手塚治虫博物館:小林準治著(1998年)