Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1976年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第108話「クマ」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1976年01月26日+02月02日合併号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1979年01月15日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック16 秋田書店 新書判 -
1983年06月20日 手塚治虫漫画全集168巻 ブラック・ジャック18 講談社 B6判 -
1988年12月25日 豪華版 ブラック・ジャック12 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック12 秋田書店 文庫判 -
2005年01月20日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック8 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
ブラックジャックは中学の同級生だった夏江(ルーナ姫)から手紙をもらい、出掛けて行く。 彼女の兄の冬造(シュマリ)は猟師であり、
ジンベエと呼ばれる大熊を追って今までに2回も大怪我を負っていたのだった。 小屋の中には冬造だけが居、しばらく経つとジンベエ
を追って出ていった。 帰ってきた時は血だらけであった。 ブラックジャックは治療をするが輸血用血液も無く、外は大雪で輸送もまま
ならない。 夜が明けるとジンベエが自衛隊によって捕獲されたというニュースが入ってくる。 しかし、気力だけで生きている冬造にはこ
の事は聞かせられない。 夏江から電話がかかってきた時、ブラックジャックはジンベエの毛皮をと話す。 次の日、家の外に大熊が立
っていた。 ブラックジャックは冬造に知らせた。 彼は銃を持ち出し、熊を撃つ。 ブラックジャックが近くに確認に行くとそれは毛皮であり、
人間が中に入っていた。 それは夏江だった。 だが、彼女は兄にはこの事は話さないでくれ、と頼む。 ブラックジャックが熊は逃げたよ
うだ、と話すと冬造は元気に次ぎこそはと言うのだった。

警官でノールス・ヌケトールが、 またヒョウタンツギ(p.27)が出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>