Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1976年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第126話「座頭医師」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1976年06月07日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1977年04月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック11 秋田書店 新書判 -
1980年04月20日 手塚治虫漫画全集154巻 ブラック・ジャック4 講談社 B6判 -
1987年05月25日 豪華版 ブラック・ジャック2 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック2 秋田書店 文庫判 -
2003年07月01日 - 手塚治虫マガジン7月号 KKベストセラーズ B5判 - -
2005年01月20日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック9 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
琵琶丸と名乗る医師が巷を騒がしていた。 彼はすべてを針で治していたのだ。 しかも,報酬は一切受け取ろうとはしなかった。

しかし,ある女の子(メルモ)に針治療を施した後その子は急にけいれんを始めた。 この子の主治医であるブラックジャックが
呼ばれ,鎮静剤を飲ませる。 彼女は不安神経症といって,以前の経験から針を異常に怖がる性質だったのだ。 その夜ブラッ
クジャックのもとを琵琶丸が訪ねてくる。 昼間の借りを返すといって足のつぼに針を刺す。 これで一生腸は大丈夫だ,と告げ
て彼は去っていった。

テレビのアナウンサーでナイロンヒョウタンツギが, またその番組内で針治療を説明するのに山田野博士が, また患者の母
親として大人のメルモが出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
誕生!「手塚治虫」(1998年)
ダ・ヴィンチ2月号(2003年)
フィギュア王No.129(2008年)