Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1976年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第127話「執念」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1976年06月14日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1987年07月15日 豪華版 ブラック・ジャック3 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック3 秋田書店 文庫判 -
1995年05月17日 手塚治虫漫画全集367巻 ブラック・ジャック20 講談社 B6判 -
1995年11月25日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック25 秋田書店 新書判 -
2005年01月20日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック9 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
山之辺はガンに冒されていたが,家族を皆ガンで失っており自分が医者になって一人でもガン患者を治したいと思っ
ていた。 医師国家試験も途中で体の不調から退場したが,試験は見事に受かっていた。 そして回生病院に勤務し,
あるガン患者を受け持つ。 しかし,彼の体はそれ以上に蝕まれていた。 医師(手塚先生)は起き上がることさえ許さな
かったが,彼は気力で日々を過ごし,患者の手術を決意する。 その手術室には助手でブラックジャックが居り,彼を
全面的にサポートした。 手術が終わると同時に山之辺は倒れ,死んだ。 しかも,心臓は10分ほど前に止まっており,
彼は執念で手術を続けていたのだ。

山之辺と一緒に国家試験を受ける学生で佐々木小次郎, 患者でヒョウタンツギ(p.53)が出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>