Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1976年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第135話「夜明けのできごと」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1976年08月23日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1979年11月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック20 秋田書店 新書判 -
1995年05月16日 手塚治虫漫画全集371巻 ブラック・ジャック22 講談社 B6判 -
2000年01月 秋田文庫 ブラック・ジャック15 秋田書店 文庫判 -
2001年02月 豪華版 ブラック・ジャック15 秋田書店 四六判 -

『作品内容』
ブラックジャックが工事現場で足止めを食っていると,ある少年がそこへ来て足を滑らせて落ちてしまった。 急
ぎ救急病院へ運ぶが,外科医師が居らずブラックジャックが執刀する。 後日ブラックジャックが手術代を請求し
ても,両親は悪いのは学校だと言って払おうとしない。 つまり,詰め込み教育をしている学校の所為でたかおは
ノイローゼ気味になって怪我をしたと言うのだ。 学校へ問い合わせてみると,担任の教師(下田警部)はその事
実を認めたが,たかおの両親からの要望もあったと話す。 ブラックジャックが出掛けていくと両親は高校の理事
(?)に裏金を手術料と同額の1000万円渡していた。 たかおを見舞うと,彼は治ったらまた宿題に追われるから
治りたくないと言う。 そこへ来た友人達が学校へ嘆願すると話す。 ブラックジャックは手術代は友情に免じておご
ってやると立ち去る。

<参考文献:チャンピオンコミックス>