Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1976年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第139話「魔女裁判」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1976年09月20日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1979年03月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック17 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
ブラックジャックは脳腫瘍の患者(テツノのオッサン)の手術のためにある国に出掛けていったが,無免許だと
いうことが知れ断られてしまう。 代わりに治療にあたったのはハンス・エンゲル医師であった。 彼は帰りの車に
ブラックジャックを誘う。 道が二つに分かれているところでブラックジャックは右の道を主張するがハンスはどう
しても左へ行くといって聞かない。 右の道を行くと悪魔が住んでいるというのだ。 ブラックジャックは車を降りて
右の道を歩き出す。 ある修道院につくとそこには目が一つ,指が三本しかない子どもと病身の母親がいた。 彼
らはゾロアスター教徒であり,カトリックを信仰するこの土地では異教徒であり,迫害されていた。 彼女はある
化学会社に勤めていたがそこの公害によって奇形児を産んでしまい,ここに隠れ住んでいたのだった。 ブラッ
クジャックは子どもを手術して見た目だけでも普通の子どものようにすると話す。 そして手術を始めると,ハン
スを先頭として土地の住民達が武器を持って押し寄せてくる。 ブラックジャックが説得する中でハンスが住民を
押しとどめた。

<参考文献:チャンピオンコミックス>