Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1976年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第148話「落としもの」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1976年11月22日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1977年09月25日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック12 秋田書店 新書判 -
1982年10月20日 手塚治虫漫画全集160巻 ブラック・ジャック10 講談社 B6判 -
1987年08月15日 豪華版 ブラック・ジャック4 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック4 秋田書店 文庫判 -
2004年07月01日 - 手塚治虫マガジン7月号 kkベストセラーズ B5判 - -

『作品内容』
妻が横隔膜ヘルニアに冒され,ブラックジャックから3000万円の手術料を請求された男がいた。 彼はよく物を忘れるのだっ
たが,今度はなんと家から何から売り払って作った3000万円の小切手を駅でなくしてしまった。 駅長(豚藻負児)は親切にし
てくれたがどうしても見つからない。 仕方なくそのままブラックジャックの元に行く。 なくしたということを信じてくれないブラック
ジャックに彼は手術料の代わりに自分の体を差し出すという。 息子にも言い聞かせて差し出すという。 ブラックジャックは引
き受け,手術を行う。

車で出掛けたブラックジャックは肉体提供の契約書を捨てる。 そして駅で落とし物だといって届ける。 駅員達(ラムネ,カルピ
十銭ハゲ)は3000万円の小切手が見つかったという話をしていた。

電車の乗客でヒゲオヤジヒョウタンツギが出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
手塚治虫の世界(2017年)