Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1978年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第203話「消えさった音」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1978年02月27日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1979年03月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック17 秋田書店 新書判 -
1983年05月20日 手塚治虫漫画全集167巻 ブラック・ジャック17 講談社 B6判 -
1995年08月10日 豪華版 ブラック・ジャック14 秋田書店 四六判 -
1996年09月 秋田文庫 ブラック・ジャック14 秋田書店 文庫判 -

『作品内容』
田田川(力有武)は近くにできた空港の騒音でノイローゼになり、自分で鼓膜を突く事を既に3回もしていた。 医
者はもう1回やったら危ないという。 しかし、彼は今度は熱湯を耳に当ててしまう。 その時近くの医師は居ず、た
またまブラックジャックが呼ばれる。 ブラックジャックは彼に特別な手術を施し、ある一定以上の騒音に対しては
鼓膜がちぢむようにする。 しばらくして田田川が再びやって来、耳を元に戻して欲しいという。 自分だけ騒音に悩
まされないのはいやだというのだ。

田田川の近所の住人でサボテン君が出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>