Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[1960年作品リストへ]

「ピロンの秘密」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1960年10月号
〜1961年03月号
- 小学四年生 小学館 未確認 連載 -
1961年04月号
〜07月号
- 小学五年生 小学館 未確認 連載 -
1986年04月01日 - ヒョウタンツギタイムス23 手塚治虫ファンクラブ京都 B6判 1961年4,5,6月号収録 -
1987年02月20日 - ヒョウタンツギタイムス24 手塚治虫ファンクラブ京都 B6判 1961年7月号収録 -
1988年12月25日 - ヒョウタンツギタイムス26 手塚治虫ファンクラブ京都 B6判 1960年10,11,12月号
1961年1月号収録
-
1989年08月20日 - ヒョウタンツギタイムス27 手塚治虫ファンクラブ京都 B6判 1961年2月号収録 -
1990年08月01日 - ヒョウタンツギタイムス28 手塚治虫ファンクラブ京都 B6判 1961年3月号収録 -
1993年07月17日 手塚治虫漫画全集318巻 ピロンの秘密 講談社 B6判 -

『姉妹作品』
ピロンちゃん
(1960年・幼稚園)

『作品内容』
カストル星では大臣のバレスがクーデターを企て、王子のピロンは地球人の姿に変態して円盤でやってくる。 そこで最初に出会ったのは昭男、鉄
男の兄弟だった。 二人はピロンと人造人間のミラのことは誰にも話さないと約束してかくまってくれる。

そんなピロンを狙う黒星一号、二号、三号。 しかし昭男たちの活躍で彼らは敗れる。 そしてやってきた四号は昭男たちの目を欺くために赤ん坊の
姿をしていた。 行きずりで彼と同行することになったピロン等はピロンの乗ってきた円盤の技術を狙うトラザメ伯爵によって囚われの身となってし
まう。

昭男と四号は外に捨てられ無人島に流れ着く。 命懸けで食べ物をとってきたり命を救ってくれる昭男に心を開く四号。 ついに彼は自分の正体を
明かし、ピロンに力を貸すことを約束する。 トラザメ伯爵から逃げおおせたピロンに四号は大臣のクーデターが失敗に終ったことを告げ、一緒に
カストル星へ帰るのだった。

ヒョウタンツギ(p.6)、 トラックの運転手でラムネ,カルピスが出演。

<参考文献:講談社全集>

『図版使用書籍』
手塚治虫大全(1997年)
手塚治虫キャラクター図鑑1(1998年)
手塚治虫全史(1998年)