Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ライオンブックスリストへ] [1971年作品リストへ]

「ブタのヘソのセレナーデ」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1971年05月24日号 - 週刊少年ジャンプ 集英社 B5判 読切連載 -
1973年05月15日 ベストコミック3巻 ライオンブックス3 虫プロ商事 A5判 - -
1982年06月20日 手塚治虫漫画全集179巻 ゴッドファーザーの息子 講談社 B6判 -
1995年05月25日 集英社文庫 手塚治虫名作集6「白縫」 集英社 文庫判 -

『作品内容』
どんな事でもいいから有名になりたい平田吾助(サボテン君?)の腹に巴博士は小型核を埋め込んでしまった。 政府に飼い殺しになりそうなところを逃げ出した彼はひとみという優しい女性に遭う。 彼女は彼を色眼鏡で見たりはしなかったのだ。 そんな吾助に屁度呂組から声がかかり、出掛けていく。 ひとみは出て行く。 しかし、ひとみが組の男達(ランプ
ハム・エッグヘック・ベン等)に乱暴されているのを見た吾助は組を出、逃げ回る。 各国が吾助を狙う中、二人は吾助
の連れていた豚ノンコを焼き豚にしようとしていた。 しかし、何と核は吾助ではなく、ノンコに埋め込まれていたのだった。

結果は…。

吾助を狙うアメリカ人でメイスン、ソ連人でアフィルが出演。

<参考文献:講談社全集>

『図版使用書籍』
手塚治虫大全(1997年)