Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ] [1973年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第3話「ミユキとベン」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1973年12月03日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1974年05月20日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック1 秋田書店 新書判 -
1983年03月20日 手塚治虫漫画全集165巻 ブラック・ジャック15 講談社 B6判 -
2000年05月 秋田文庫 ブラック・ジャック16 秋田書店 文庫判 -
2001年02月 豪華版 ブラック・ジャック16 秋田書店 四六判 -
2004年11月10日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック1 秋田書店 新書判 -


『作品内容』
ミユキを追っていた不良のベン(百鬼丸)はそれを注意した駅員(力有武)を怪我させて警察に捕まる。 警察でヒゲオ
ヤジ
ノールス・ヌケトールに説教されるベン。 ミユキの居所を突き止めたベンだったがそれは病院だった。 ベンは
病院の院長(花丸博士)からミユキの病名を聞き出した。ガンだった。
ベンはミユキを助けるためにブラックジャックを訪ねる。 そこで手術料は500万円と告げられる。 金のために強盗を働
いたベンは警官に撃たれて息絶える。この言葉を残し。

「お…おれァ 役にたたねェ だめな男だ 人間のクズさ……へへへへ…」

しかしブラックジャックはベンの肝臓をミユキに移植することによってミユキを治すのだった。

ベンの子分でどろろ佐々木小次郎テツノのオッサン。 電車の乗客で手塚先生。 乞食で馬場のぼる。 警察で田鷲警
中村課長アフィル。 医者で天馬博士カオー・セッケンオッサンスパイダーヒョウタンツギも登場。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
僕らの愛した手塚治虫<激動編>(2012年)
僕らが愛した手塚治虫<復活編>(2016年)