Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1974年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第11話「ナダレ」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1974年02月11日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1974年08月20日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック2 秋田書店 新書判 -
1982年09月20日 手塚治虫漫画全集159巻 ブラック・ジャック9 講談社 B6判 -
1987年11月15日 豪華版 ブラック・ジャック6 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック6 秋田書店 文庫判 -
2004年11月10日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック1 秋田書店 新書判 -


『一口メモ』
ナダレと名づけられた鹿が人々を襲っていた。

ストックホルムでは大江戸博士(ロック)がノーベル医学賞を受賞した。 受賞内容である「大脳組織のD・O効果」につい
て記者たち(ラムネ、カルピスノールスヌケトール天下太平)に聞かれた博士は簡単に答える。 つまり大脳は頭蓋
に邪魔されてある一定以上の成長はしない。 そこで大脳を体の別の部分(例えば腹)に移す事によって更に成長する
のではないか、と。 彼はこの研究をブラックジャックの手を借りて動物実験に成功したと語る。
彼は肉親のように育てた鹿に対して手術をしたのだった。 確かに知能は発達したが、その鹿は既に人間を34人殺し
ているとブラックジャックから聞かされる。 その鹿が「ナダレ」だった。 博士は誤解だ、と言い笛を鳴らしナダレを呼ぶ。
ナダレに言い聞かせる博士であるが、夜の内にナダレは姿を消す。 そして次の日、博士の婚約者がナダレに殺され
た、という知らせが届く。 博士は自らの手でナダレを撃ち、始末をするのだった。

山狩りチームで力有武クッター中村課長が出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
ダ・ヴィンチ8月号(1998年)
誕生!「手塚治虫」(1998年)
手塚治虫の世界(2017年)