Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1974年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第12話「奇形嚢腫」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1974年02月18日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1974年08月20日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック2 秋田書店 新書判 -
1983年02月20日 手塚治虫漫画全集164巻 ブラック・ジャック14 講談社 B6判 -
1987年04月05日 豪華版 ブラック・ジャック1 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック1 秋田書店 文庫判 -
2003年06月01日 - 手塚治虫マガジン6月号 KKベストセラーズ B5判 -
2004年11月10日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック1 秋田書店 新書判 -


『作品内容』
ある真夜中、ブラックジャックの元に1本の電話がかかってきた。 ギリギリの危険度という事で運び込まれてきたその患者の
顔にはお面がかぶさっていた。 患者の主治医は可仁博士といい、患者の病名は畸形嚢腫であった。
この嚢腫には人間の体がほとんど一そろいそろっており、 取り除こうとするとなぜか手術に邪魔が入り、いつも失敗するとい
う。 そんな呪いは信じないブラックジャックであったが、いざ手術を始めようとすると、 激しい頭痛と共にテレパシーが聞こえて
くるのだった。 ブラックジャックは腫瘍は倍溶液に浸し、とりあえず組織が死なないようにする事を 約束する。
手術は成功し、患者も後1週間ほどで退院できる頃になって、 ブラックジャックは腫瘍を合成繊維でできた人間の体の中に組
み込むのだった。
1年経って患者が最後の診察に来た時、ブラックジャックはある少女を患
者の前に連れ出した。 彼女こそは畸形嚢腫として患者と共に20年間生きてきたいわば妹であったのだ。 患者を愚弄する少女
を前にして、患者と加仁博士らは早々に立ち去っていった。

ブラックジャックの顔がヒョウタンツギになる(p.48)。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
手塚治虫論(1992年)
誕生!「手塚治虫」(1998年)
文藝別冊 手塚治虫(1999年)
ダ・ヴィンチ2月号(2003年)
フィギュア王No.129(2008年)
東京人 2008年12月号(2008年)
手塚治虫とキャラクターの世界(2013年)
僕らが愛した手塚治虫<復活編>(2016年)
手塚治虫ぴあ(2016年)