Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1974年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第16話「ピノコ再び」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1974年03月25日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1974年08月20日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック2 秋田書店 新書判 -
1983年02月20日 手塚治虫漫画全集164巻 ブラック・ジャック14 講談社 B6判 -
2003年08月 秋田文庫 ブラック・ジャック17 秋田書店 文庫判 -
2004年11月10日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック2 秋田書店 新書判 -


『作品内容』
ピノコの事を考えたブラックジャックは彼女を養女に出す事に決める。 なかなか納得しないピノコであるがとうとう承諾
する。 養女先は大病院の院長宅であった。 病院の看護婦からピノコは院長夫婦はペットとして可愛がっていた犬が死
んで非常に寂しがっていた事を聞かされる。 ペットの代わりだと考えてしまったピノコは反発し、ブラックジャックの元へ
帰ってしまう。 ところがブラックジャックは受け入れず、追い返されてしまう。

ブラックジャックは腹膜炎に侵され、自ら開腹手術をおこなうが、止血鉗子が足りずに困り果てる。 そこへピノコが飛び
込んで来、無事ブラックジャックは一命を取りとめる。 そしてブラックジャックはピノコを手放さない事を決める。

<参考文献:チャンピオンコミックス>