Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1974年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第31話「化身」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1974年07月15日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1975年09月05日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック6 秋田書店 新書判 -
1983年03月20日 手塚治虫漫画全集165巻 ブラック・ジャック15 講談社 B6判 -
2003年08月 秋田文庫 ブラック・ジャック17 秋田書店 文庫判 -
2004年10月10日 ちくま文庫 手塚治虫西部劇傑作集 筑摩書房 文庫判 -
2004年11月10日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック3 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
トミーと競走馬プロミネンスは一心同体のように仲がいい。 しかし、ある時彼らはひき逃げに遭ってしまう。 その結果ト
ミーは虫の息、プロミネンスは足を3本折っていた。 息子可愛さにトミーの父・ベンソン(マグー)はブラックジャックを呼
び、脳を交換してトミーを生かしてくれ、と頼む。 別の人格になる事をも承諾させると、ブラックジャックはプロミネンス
に会いに行き、病院に引き取る。

1年後トミーは元気な姿を見せるが、物も言えず、文字も書けなくなっていた。 ベンソンは誰の脳と変えたのか問うがブ
ラックジャックは答えない。 トミーは馬馴らしが天才的だといわれる。 ある時彼は牧場で働く男達(ヘック・ベン等)の元
へ行き、いきなり蹴りを入れる。 その時のしぐさで彼らはトミーの脳がプロミネンスの物だと気付き、ベンソンに話しに
行く。 ベンソンは銃を持ち出しトミーに向けるが、どうしても撃つ事はできない。 トミーことプロミネンスは彼の恋人馬と一
緒に牧場を去っていくのだった。

病院の者で金三角が出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>