Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1974年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第48話「電話が三度なった」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1974年11月11日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1975年05月20日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック5 秋田書店 新書判 -
1982年12月20日 手塚治虫漫画全集162巻 ブラック・ジャック12 講談社 B6判 -
1995年08月10日 豪華版 ブラック・ジャック14 秋田書店 四六判 -
1996年09月 秋田文庫 ブラック・ジャック14 秋田書店 文庫判 -
2004年12月25日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック4 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
手術代が払えないために母が死んでしまったという男からブラックジャックは電話を受ける。 彼はこれからブラックジ
ャックを殺しに来るという。 しかも逃げないためにピノコを人質にとってあるのだ。

ブラックジャックは手術代などの用意を整えて外に出る。 銃声と共にブラックジャックは倒れる。 止めを刺そうと思っ
た男(昭吾)の前に彼の姉(メルモ)が現れる。 彼は姉を撃ってしまうのだ。 呆然とする男に致命傷を免れたブラック
ジャックが話し掛ける。 姉を手術台に運び、ブラックジャックの助手を務める。 その後彼はブラックジャック自身の手
術の助手をも務める。 そして110番に自ら電話をかけるのであった。

ブラックジャックの顔でヒョウタンツギ出現。

<参考文献:チャンピオンコミックス>