Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1975年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第102話「奇妙な関係」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1975年12月15日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1977年09月25日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック12 秋田書店 新書判 -
1981年02月20日 手塚治虫漫画全集156巻 ブラック・ジャック6 講談社 B6判 -
1987年07月15日 豪華版 ブラック・ジャック3 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック3 秋田書店 文庫判 -
2005年01月20日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック7 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
ブラックジャックの元にたてつづけて重症患者が舞い込んでくる。 最初の患者はピストルで撃たれた後が5発あり、肝
臓の一部を移植しなければ危ない状態にあった。 後の患者は足が複雑骨折をしていたが命に別状はなく、肝臓の一
部を提供するよう依頼する。

実は最初の患者は一億円強盗の犯人であり、後の患者はそれを追う警察官だった。 二人は壁を隔てていることから
お互いの正体は知らずにいた。 犯人の方が退院する日、ブラックジャックは手術料として1億円要求する。 そして警官
の方に一億円が落ちていたといってそれを渡すのだった。

ブタナギ(p.190)、スパイダー(p.198)出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>