Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1975年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第58話「快楽の座」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1975年01月20日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -


『作品内容』
スチモシーバーと呼ばれる脳に直接作用して心をあやつる機械。 鬼頭教授はこれを鬱病体質のサブ少年(星真一
の脳に埋め込む。 狙い通り少年は笑顔が絶えなくなる。 しかし、治ったのは外見だけだった。 心が病んでいる少年は
母親を殺そうとする。 ブラックジャックは少年の脳から電極を取り除く。 そして少年の母親に対しこれからの処方箋を
示すのだった。
 本作品中にはママー力有武中村課長田鷲警部が出演。

<参考文献:週刊少年チャンピオン>

『一口メモ』
ショッキングな話である。 特に4ページ目の犬の絵などは気味が悪い。 鬱病の星真一君はやはり妙。 ただ、ラストシ
ーンが少し不満である。 この様な治療法をうみだした人間を憂うような、やはりバックショットのブラックジャックで終
わった方がよかったのではないかと思う。
このエピソードは単行本未収録となっている。 このエピソードで扱っている病気、治療法が原因と思われる。

『図版使用書籍』
手塚治虫全史(1998年)