Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1975年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第72話「イレズミの男」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1975年05月12日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1975年09月05日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック6 秋田書店 新書判 -
1982年10月20日 手塚治虫漫画全集160巻 ブラック・ジャック10 講談社 B6判 -
1988年02月20日 豪華版 ブラック・ジャック8 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック8 秋田書店 文庫判 -
2004年01月20日 オールカラー版 ブラック・ジャック 秋田書店 四六判 -
2004年12月25日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック5 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
ブラックジャックは以前7000人の配下を持つやくざの親分の腎臓ガンの手術をした。 その際の約束は体中にある刺
青には傷を付けない事だった。 手術室を覗いていた子分の話ではすっぱりとメスを入れたという。

そして何年か経ち、親分は既に亡い。 彼の息子である洋一がブラックジャックを呼び出した。 父親の刺青のはいった
皮を保存してあるR大学の医学部へ。 父親を裏切ったかどうかを確かめようというのだ。 天才的なメスさばきでブラッ
クジャックは傷が残らない様に切ってあった。 そして刺青の片隅には
「ブラックジャック先生よ ありがとう」
と彫られてあった。

標本、洋一の顔、その他でヒョウタンツギ登場。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
ダ・ヴィンチ2月号(2003年)