Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1976年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第118話「白い目」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1976年04月12日号 - 週刊少年チャンピオン 秋田書店 B5判 読切連載 -
1977年01月20日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック10 秋田書店 新書判 -
1982年10月20日 手塚治虫漫画全集160巻 ブラック・ジャック10 講談社 B6判 -
1988年02月20日 豪華版 ブラック・ジャック8 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック8 秋田書店 文庫判 -
2005年01月20日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック8 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
ある肺塞栓の患者がいた。 彼女の場合はいくら血栓を取り除いてもまたできてしまうのだった。 日本総合病院の酒鬼
原先生は最後の手術をすると告げた。 すると患者はブラックジャックに執刀を頼みたいと言う。 苦汁を飲んで医師達
はブラックジャックに依頼する。

手術の当日,ブラックジャックの周りは非協力的であった。 また,手術の最中に患者の生態反応は消えてしまう。 酒鬼
原らは中止を進言するがブラックジャックは最後まで行うと言う。 そして血栓はいつも同じ所でできることを発見し,そ
の部分を人工血管に代える。 すべてが終わり,部屋を出るブラックジャックであった。 患者を霊安室に運ぼうとすると,
なんと患者は息を吹き返した。 血栓のできる部分の資料をブラックジャックに頼むと,資料などは無免許医には必要
ない,と言うのだった。

ヒョウタンツギ(p.122)出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
誕生!「手塚治虫」(1998年)