Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1976年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第122話「3度目の正直」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1976年05月10日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1984年02月10日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック24 秋田書店 新書判 -
1988年04月25日 豪華版 ブラック・ジャック9 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック9 秋田書店 文庫判 -
2005年01月20日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック9 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
テツは期待のレーサーだったが,単心房症を患っていた。 ブラックジャックは彼の手術を過去2回行い,失敗して
いた。 今度こそはと思っていたのだが,彼と彼の後援者(ランプ)は次のレースの方が大事であった。 そしてレース
当日。 テツは1着を果たすが,そのまま気を失って走りつづけていた。 そこへブラックジャックがトラック一杯のバラ
バラにした鉄条網で強制的に止める。 テツはそのまま手術室へ行くのだった。

テツの父親は伊万里大作, 金網屋でブク・ブックテツノのオッサンヨッツン, レースのライバル米倉は佐々木
小次郎
, 観客でノタアリンが出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
ダ・ヴィンチ2月号(2003年)