Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1977年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第164話「勘当息子」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1977年03月21日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1977年08月25日 週刊少年チャンピオン増刊 ブラック・ジャック特集号 秋田書店 B5判 - -
1978年05月25日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック14 秋田書店 新書判 -
1979年05月30日 手塚治虫漫画全集153巻 ブラック・ジャック3 講談社 B6判 -
1987年07月15日 豪華版 ブラック・ジャック3 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック3 秋田書店 文庫判 -
2004年01月1日 - 手塚治虫マガジン1月号 KKベストセラーズ B5判 - -

『作品内容』
電車が止まり立ち往生するブラックジャック。 駅長(クッター)は当分動かないという。 ある民宿に泊ることにしたが、そこのおば
あさんは何年ぶりかに息子達が帰ってくるといっている。 しかし、待てど暮らせど息子達は帰ってこない。 そんな中電報が二通
来、一郎と二郎が帰ってこれないと連絡してくる。 さらに三郎からも電話で帰ってこれない旨知らせてくる。 ブラックジャックと二
人で自棄酒をしている中、玄関のベルが鳴る。 四郎だった。 しかし、四郎は昔ぐれて勘当された身だった。 ブラックジャックの
進言もあり家の中に入れるおばあさん。

父親(ヒゲオヤジ)の遺影に話し掛ける四郎。 そうするとおばあさんが倒れてしまう。 実は四郎は医者の卵であり、母親を治療
するために医者になったのだという。 彼の見立ては間違っており、ブラックジャックがただで手術を請け負う。

民宿のおばさんでミッツンが、 電話を知らせに来る八百屋(?)でクスコが、 その他ヒョウタンツギが机のラクガキ(p.218)ほかで
出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
ダ・ヴィンチ2月号(2003年)