Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[1976年作品リストへ][1978年作品リストへ]

1977年の発表作品

分類 タイトル 種類 形式 掲載紙
- マンガの描き方 描き下ろし単行本 - -
くるま110バン こちらJAF 連載 一コマ 週刊文春
てんてけマーチ 読切 - 月刊少年ジャンプ
珍イソップ物語-金のタマゴを生むメンドリ 読切 - 報知新聞
手塚治虫先生 南米へ取材旅行 読切 - 希望の友
独占!! 手塚先生旅日記 読切 - リリカ8月号
宇宙給食チューブの故障 読切 一コマ 週刊少年ジャンプ
孤島 読切 イラスト 展覧会
- 手づか見シネサロン 連載 エッセイ Apache
- 古代遺跡への旅 連載 エッセイ Apache
- わたしの仕事と生活 人間50歳を超えると 読切 エッセイ(カットあり)
- 回答文 読切 エッセイ 障害者新聞
- 漫画映画「シンドバットの冒険」のころ 読切 エッセイ 「北杜夫全集第7巻」月報
- 漫画の申し子が戦後映像文化史を書いた 読切 エッセイ 「二人で少年漫画ばかり描いてきた」
- わたしの選んだ海外SFベスト・テン 読切 エッセイ 別冊奇想天外「SF再入門大全集」
- 私とディズニー 読切 エッセイ 「春だデートだ ミッキーマウス」
- クレオパトラ 読切 エッセイ 「悲劇の女王クレオパトラ」
- スタニスラフ・レムについて 読切 エッセイ 惑星ソラリスプログラム
- 昆虫と私 わが宝塚 読切 エッセイ インセクタリウム
- 宝塚いまと昔 読切 エッセイ 日本の伝説10 近畿
- 忘れられない本 読切 エッセイ 朝日新聞
- 映画の中の妖精たち 読切 エッセイ ユリイカ
- 序文 読切 エッセイ 「日本アニメーション映画史」
- 私の168時間 読切 エッセイ 週刊小説
- レザリアムとぼくの作品 読切 エッセイ マインドトリップ第6号
- わがアニメ狂いの記 読切 エッセイ 文藝春秋デラックス
- いのちの賛歌 ぼくの日記 読切 エッセイ 赤旗日曜版
- 作者から 読切 エッセイ ビッグコミック
- 総評 読切 エッセイ ビッグコミック
- 手塚漫画はもはや絶体絶命!? 読切 エッセイ 絶体絶命
- 表紙コメント 読切 エッセイ 手塚治虫マンガ漫画館
- 初心を忘れぬ大ベテラン 読切 エッセイ 「松本零士の世界」
- 「007」ベスト3大会 読切 エッセイ キネマ旬報
- 私をシビレさせた一冊の本 読切 エッセイ -
- H君のこと 読切 エッセイ NHK交響楽団「第九」公演プログラム
- ベートーベン 読切 エッセイ 週刊読売
- 手塚治虫先生急病で入院(コメント) 読切 エッセイ 週刊少年サンデー9月25日号
- 私たちが創刊を飾った 読切 エッセイ 週刊少年サンデー9月25日号
- そのとき私は 読切 エッセイ 週刊少年サンデー9月25日号
- オサムシ、アトム氏、漫画虫 読切 インタビュー 週刊朝日
- 手塚先生こんにちは!! 読切 インタビュー リリカ5月号
- 北杜夫 読切 対談 女性セブン
- 桂小三治 読切 対談 週刊FM
- 萩尾望都 読切 対談 別冊新評SF
- 磯村尚徳 読切 対談 おかあさんの勉強室
- 石上三登志 読切 対談 キネマ旬報
- 山田洋次 読切 対談 「放浪紳士チャーリー・鑑賞の手引き」


<再録単行本>
発行日 形式 タイトル 出版社 判型 解説・あとがきなど
01月20日 秋田漫画文庫 W3(1) 秋田書店 文庫判 -
01月31日 集英社漫画文庫 ナンバー7(2) 集英社 文庫判 -
02月20日 秋田漫画文庫 W3(2) 秋田書店 文庫判 -
02月28日 愛蔵版 火の鳥「未来編」 朝日ソノラマ A5判 -
03月20日 秋田漫画文庫 W3(3) 秋田書店 文庫判 -
03月31日 愛蔵版 火の鳥「ヤマト・宇宙編」 朝日ソノラマ A5判 -
04月20日 秋田漫画文庫 ミクロイドS(1) 秋田書店 文庫判 -
04月30日 コミックエイジ 走れ!クロノス 旺文社 新書判 -
07月01日 奇想天外文庫 よろめき動物記 奇想天外社 文庫判 -
05月10日 愛蔵版 火の鳥「鳳凰編」 朝日ソノラマ A5判 -
05月20日 小学館文庫 地球を呑む(1) 小学館 文庫判 -
05月20日 秋田漫画文庫 ミクロイドS(2) 秋田書店 文庫判 -
06月01日 手塚治作品集4 リボンの騎士 文民社 A5判 リボンの思い出
06月10日 愛蔵版 火の鳥「復活編」 朝日ソノラマ A5判 -
06月15日 手塚治虫漫画全集1 ジャングル大帝(1) 講談社 B6判 -
06月15日 手塚治虫漫画全集4 リボンの騎士(1) 講談社 B6判 -
06月15日 手塚治虫漫画全集9 地球の悪魔 講談社 B6判 あとがき
06月15日 手塚治虫漫画全集10 罪と罰 講談社 B6判 あとがき
06月15日 手塚治虫漫画全集11 新選組 講談社 B6判 あとがき
06月15日 手塚治虫漫画全集12 ぼくのそんごくう(1) 講談社 B6判 -
06月15日 手塚治虫漫画全集31 きりひと讃歌(1) 講談社 B6判 -
06月15日 手塚治虫漫画全集101 三つ目がとおる(1) 講談社 B6判 -
06月20日 小学館文庫 地球を呑む(2) 小学館 文庫判 あとがき
06月20日 秋田漫画文庫 ミクロイドS(3) 秋田書店 文庫判 -
07月15日 手塚治虫漫画全集2 ジャングル大帝(2) 講談社 B6判 -
07月15日 手塚治虫漫画全集7 ロック冒険記(1) 講談社 B6判 -
07月15日 手塚治虫漫画全集38 平原太平記 講談社 B6判 あとがき
07月15日 手塚治虫漫画全集151 ブラック・ジャック(1) 講談社 B6判 -
07月20日 手塚治虫漫画全集45 来るべき世界(1) 講談社 B6判 -
08月18日 手塚治虫漫画全集3 ジャングル大帝(3) 講談社 B6判 あとがき
08月18日 手塚治虫漫画全集32 きりひと讃歌(2) 講談社 B6判 -
08月18日 手塚治虫漫画全集35 アポロの歌(1) 講談社 B6判 -
08月18日 手塚治虫漫画全集55 フィルムは生きている 講談社 B6判 あとがき
09月20日 手塚治虫漫画全集5 リボンの騎士(2) 講談社 B6判 -
09月20日 手塚治虫漫画全集8 ロック冒険記(2) 講談社 B6判 あとがき
09月20日 手塚治虫漫画全集47 ハトよ天まで(1) 講談社 B6判 -
09月20日 手塚治虫漫画全集88 メタモルフォーゼ 講談社 B6判 あとがき
10月20日 手塚治虫漫画全集36 アポロの歌(2) 講談社 B6判 -
10月20日 手塚治虫漫画全集61 ライオンブックス(1) 講談社 B6判 -
10月20日 手塚治虫漫画全集102 三つ目がとおる(2) 講談社 B6判 -
11月03日 復刻シリーズ2 おはよう!クスコ 手塚治ファンクラブ京都 B5判 -
11月20日 手塚治虫漫画全集33 きりひと讃歌(3) 講談社 B6判 -
11月20日 手塚治虫漫画全集37 アポロの歌(3) 講談社 B6判 あとがき
11月20日 手塚治虫漫画全集39 漫画大学 講談社 B6判 あとがき
11月20日 手塚治虫漫画全集62 ライオンブックス(2) 講談社 B6判 -
11月30日 集英社漫画文庫 フライング・ベン(1) 集英社 文庫判 -
12月20日 手塚治虫漫画全集6 リボンの騎士(3) 講談社 B6判 あとがき
12月20日 手塚治虫漫画全集34 きりひと讃歌(4) 講談社 B6判 あとがき
12月20日 手塚治虫漫画全集63 ライオンブックス(3) 講談社 B6判 -
12月20日 手塚治虫漫画全集87 虹のプレリュード 講談社 B6判 あとがき
12月31日 集英社漫画文庫 フライング・ベン(2) 集英社 文庫判 -


<アニメーション>
タイトル 発表形式 製作スタジオ 役割
ジェッターマルス テレビ 東映動画 原案・設定


「ファンクラブ関係」
発行日 タイトル 発行 インタビュー/エッセイなど 表紙 -
03月20日 ヒョウタンツギ・タイムス 創刊号 手塚治虫ファンクラブ・京都支部 - 悟空 -
06月01日 虫のしらせ 1977年第1号:メトロポリス1 手塚治虫ファンクラブ - 手塚治虫(くろせよしのり・画) -
06月20日 ヒョウタンツギ・タイムス No.2 手塚治虫ファンクラブ・京都支部 - 冒険放送局 -
09月20日 ヒョウタンツギ・タイムス No.3 手塚治虫ファンクラブ・京都 - エンゼルの丘 -
12月20日 ヒョウタンツギ・タイムス No.4 手塚治虫ファンクラブ・京都 - リボンの騎士 -


「イベントなど」
開催日 タイトル 主催 場所 記事など -
09月15日〜10月16日 手塚治虫の世界 - 京都・レザリアムセンター ヒョウタンツギ・タイムス No.4 サイン会などあった模様
10月10日 第1回マンガ大会京都 手塚治虫ファンクラブ・京都 京都・産業会館8階シルクホール ヒョウタンツギ・タイムス No.4 -
10月28日〜11月02日 手塚治虫の世界展 - 東京池袋西武 ヒョウタンツギ・タイムス No.4 -
11月04日〜09日 手塚治虫の世界展 - 大阪心斎橋パルコ ヒョウタンツギ・タイムス No.4まんがのむし No.2 -


その他
[火の鳥-黎明編](ラジオドラマ):NHK第一ラジオ

[火の鳥-未来編](ラジオドラマ):NHK第一ラジオ

[BJ(第1話から第20話)](ラジオ劇画):TBSラジオ

[BJ-春一番(瞳の中の訪問者)](実写映画):東宝