Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1977年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第166話「リンチ」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1977年04月04日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1982年08月20日 手塚治虫漫画全集158巻 ブラック・ジャック8 講談社 B6判 -
1995年11月25日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック25 秋田書店 新書判 -
2000年05月 秋田文庫 ブラック・ジャック16 秋田書店 文庫判 -
2001年02月 豪華版 ブラック・ジャック16 秋田書店 四六判 -

『作品内容』
ブラックジャックはスッポ先生に頼まれシシリー島に出向く。 彼は医者であったがアル中のため満足に手術もで
きない状況にあった。 そんな中地主のジェルビーノ(ロンメル)の娘(ボッコ)の子宮癌の手術をしなければなら
なくなった。 というのもここの島民は非常に排他的で他の土地の人間には特に娘は肌も触らせないのだ。 スッ
ポはブラックジャックなら何とかなるのではないか,と考えたのだ。

二人はジェルビーノ邸に出向き診察する。 娘はもう末期であり,無駄だといってブラックジャックは帰ろうとする。
するとジェルビーノが追いかけて来,何でもするから治して欲しいという。 そこでやっと娘は服を脱いだのだ。

その夜,旅館には石が投げ込まれ,外に犯人を捕まえに出たブラックジャックは逆に暴行にあってしまう。 大怪
我の状態で彼は手術に向かう。 連中は娘の換言によって動いていたのだ。 手術は無事成功し,ブラックジャッ
クは二度とここには来ないと言って去る。

<参考文献:チャンピオンコミックス>