Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1977年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第169話「モルモット」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1977年04月25日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1977年08月25日 週刊少年チャンピオン増刊 ブラック・ジャック特集号 秋田書店 B5判 - -
1979年03月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック17 秋田書店 新書判 -
1983年04月20日 手塚治虫漫画全集166巻 ブラック・ジャック16 講談社 B6判 -
1988年04月25日 豪華版 ブラック・ジャック9 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック9 秋田書店 文庫判 -

『作品内容』
羽仁夫は腎臓を悪くしていて,原因解明のためにモルモットを実験動物にしていた。 しかし,彼はそのモルモットと仲良
くなってしまい,解剖したら先生(東南西北)も殺すと言い出す。 彼はモルにピーナッツを上げようとして部屋に入ったま
ま鍵を閉められてしまう。 ブラックジャックのおかげで事無きを得たが,解剖の当日,医師らは羽仁夫に分からないよう
におりには別のモルモットを入れていた。 だが彼はそれを見抜き,解剖の部屋まで全力で走る。 おかげで倒れてしまう。
しばらくすると羽仁夫は突然立ち上がり,叫び出した。 と同時にモルは自分自身でおりをゆすって落とし,外に飛び出し
てしまう。 そして医師らに噛み付き出したのだ。 ここにもブラックジャックが現われモルにメスを刺す。 彼はモルのために
移植用のモルモットの腎臓を持参していた。 モルも助かり,羽仁夫の病気の解明も進む。 なぜ,ブラックジャックはこん
なに親切に世話を焼いたのか。 羽仁夫の顔が自分の少年時代に似ていたからだ,とはさすがに言えない。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
手塚治虫博物館:小林準治著(1998年)