Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1977年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第170話「助っ人」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1977年05月02日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1977年12月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック13 秋田書店 新書判 -
1982年12月20日 手塚治虫漫画全集162巻 ブラック・ジャック12 講談社 B6判 -
1987年10月05日 豪華版 ブラック・ジャック5 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック5 秋田書店 文庫判 -

『作品内容』
山田野博士は目を患っていた。 そこに付け込んだ助教授の草井(スカンク)等は博士の追い出しを図る。 すな
わち目の悪い博士に執刀をやらせ、恥をかかせようというのだ。 魂胆の分かった博士はブラックジャックに手
術の助手を頼む。 患者はメッケル憩室であり、手術自体は難しいものではなかった。

そして当日、悪戦苦闘する博士の横にはブラックジャックがいた。 草井はその存在に気付き、彼をどかしてし
まう。 博士が患部までの切開を終ると、何とそこの部分は既に治療が終わっていた。 博士は草井を怒鳴りつ
け、手術室を出る。 実は2週間前にブラックジャックが跡を残さぬように治療してあったのだ。 山田野博士は引
退を決意する。

スパイダー(p.85)のほか、 スカンク自身がブクツギキュになったりする。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『一口メモ』
ブラックジャックが黒くないスラックスをはいているのが見られるめずらしいエピソード。