Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1977年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第173話「あつい夜」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1977年05月23日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1979年05月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック18 秋田書店 新書判 -
1988年06月20日 豪華版 ブラック・ジャック10 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック10 秋田書店 文庫判 -
1996年05月16日 手塚治虫漫画全集371巻 ブラック・ジャック22 講談社 B6判 -

『作品内容』
ダグラス氏(ランプ)は絶えず殺し屋に命を狙われていた。 しかし、その度にブラックジャックによって助けられて
いた。 今度で三度目であったが、ブラックジャックは手術の後医師ゴ・ウィン(牛沢博士)の家に泊る。 彼はブラッ
クジャックにダイヤモンドヘッドに眠る妻(クスコ)と娘(ばるぼら)の話をする。

次の日、ブラックジャックはウィンに睡眠薬を盛られる。 そして彼はダグラス氏の家にいく。 ウィンはベトナムで妻
と娘をダグラスに殺されていたのだ。 その復讐のためにここハワイに来、医者となって彼を狙っていた。 ブラック
ジャックが眠っている今がチャンスと、彼は銃を向け撃った。 しかし、そこにブラックジャックと刑事が来て、ウィン
を撃つ。 ウィンはもし助かっても死刑は確実なのだから、治療しないでくれと頼む。 隙を見て彼は逃げ出し、追っ
てきた警察によってダイヤモンドヘッドの上で殺されたのだった。

ヒョウタンツギ(p.127)、 置物?でユニコ(p.130)、 救急隊でスパイダー(p.131)が出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
手塚治虫博物館:小林準治著(1998年)