Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1977年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第178話「鯨にのまれた男」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1977年06月27日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1977年12月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック13 秋田書店 新書判 -
1981年02月20日 手塚治虫漫画全集156巻 ブラック・ジャック6 講談社 B6判 -
1995年08月10日 豪華版 ブラック・ジャック14 秋田書店 四六判 -
1996年09月 秋田文庫 ブラック・ジャック14 秋田書店 文庫判 -

『作品内容』
捕鯨船の少年船員が3人船から落ちてしまった。 とうとう見つからなかったが、その後捕ったクジラの胃袋から
人間が出てきた。 彼らの一人はまだ心臓が動いており、たまたまシドニーに来ていたブラックジャックが植皮手
術を施し命を取り留めた。 しかし、助かったのは3人のうちの誰か分からず、唯一の手がかりは履いていた長
靴のイニシャルであった。 それから彼は正一(ルックス)ではないかといって、母親(ルックスの母親ロボット)の
元に連れてこられる。 彼は顔も変わっており、声も変わり、さらに記憶を失っていた。 とりあえず一緒に暮らして
いるうちに記憶が戻るかもしれないということになった。 なかなか戻らない。 ある夜、母親の体を見れば小さい
頃抱かれた体か分かるかもしれない、と忍んでいく。 次の日、彼は出て行く決心をした。 その時口走ったことで
母親からぶたれた彼は、昔ぶたれた記憶を取り戻すのだった。

正一を連れてくる男にブク・ブック、 担任の先生で永井豪がそれぞれ出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>