Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1977年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第192話「ある老婆の思い出」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1977年12月05日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1978年08月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック15 秋田書店 新書判 -
1981年01月20日 手塚治虫漫画全集155巻 ブラック・ジャック5 講談社 B6判 -
1987年07月15日 豪華版 ブラック・ジャック3 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック3 秋田書店 文庫判 -

『作品内容』
ある病院の看護婦が道を歩いていると、妊婦が苦しそうに座っていた。 彼女は急いで病院に運ぼうとして、ちょ
うど車で近くにいたブラックジャックに声をかける。 病院に着くと手術のできる医師は誰もおらず、ブラックジャッ
クが代わりに手がける。 それを知った院長は手術を中止させようとして乗り込んでくるが、ブラックジャックは手
術代は要らないと言うのだった。 その看護婦は患者に頼まれ乳母として雇われる。 それから何十年か経ち、息
子同然のあの時の赤ん坊が帰ってくる。 彼女はこう声をかけるのだった。

「お帰りなさい大統領閣下」

看護婦?でヒョウタンツギブクツギキュが出演(p.40)。

<参考文献:チャンピオンコミックス>