Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[1977年作品リストへ]

三つ目がとおる
第33話「舌をだすな!」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1977年01月02日号 - 週刊少年マガジン 講談社 B5判 読切連載 -
2003年10月22日 プラチナコミックス 三つ目がとおる"怪鳥モアII" 講談社 B6判 - -
2012年07月30日 GAMANGA BOOKS 三つ目がとおる"古代王子ゴダル" 小学館 B6判 -


『作品内容』
イースター島から帰ってきた写楽。でも、和登さんに会いにいかなかったので和登さんはカンカン。 そこへノラキュ
登場。 舌をだした写楽へ暴行三昧。 怒る和登さんにそのわけを話す。 猪鹿中学出身の代議士井奈折は、自分
が二枚舌を使う人間であることから舌が大嫌いだったのだ。 その井奈折が地元に20メートルもある観音像を建て
た。 写楽はその観音像に仕掛けをし、舌を出せるようにしたからさぁ大変。
舌を出す行為は、アジアの諸民族ことに東南アジアからポリネシアにかけての民族では宗教的な儀式のようだ。
日本のお化けでも舌を垂らしたものが多いとのこと。