Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1978年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第212話「人形と警官」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1978年05月15日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1982年01月20日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック22 秋田書店 新書判 -
1980年04月20日 手塚治虫漫画全集154巻 ブラック・ジャック4 講談社 B6判 -
1988年06月20日 豪華版 ブラック・ジャック10 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック10 秋田書店 文庫判 -

『作品内容』
道端に立つ警官人形を弟のように可愛がるおまわりさんがいた。 ある時彼は人形にいたずらをする奴を掴まえ
ようと見張っていた。 犯人を見つけ,追いかけていくうちに車にはねられてしまう。 重傷を負った彼の手帳にはブ
ラックジャックの連絡先が記してあった。 彼が交通整理をしている時に違反を見逃してくれたのだ。 その代わり
に何か怪我をしたら治すという約束がしてあった。 ブラックジャックによって怪我も治り,多少偏屈な性格の所為
で女性に縁がなかった彼は看護婦と仲良くなる。 あの警官人形のところに二人で行くとブラックジャックがいて,
人形の修理代を15万円欲しいという。 二人が結婚して集まった祝儀の中からもらうといって去る。

医師の顔でヒョウタンツギが出演(p.110)。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
手塚治虫の世界(2017年)