Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1979年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第229話「身代わり」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1979年01月15日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1979年05月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック18 秋田書店 新書判 -
1981年01月20日 手塚治虫漫画全集155巻 ブラック・ジャック5 講談社 B6判 -
1987年11月15日 豪華版 ブラック・ジャック6 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック6 秋田書店 文庫判 -

『作品内容』
ブラックジャックはクロイチェル博士の代わりにガンの手術をする事になった。 というのも博士は交通事故で再
起不能になっているが、それが露見すると後継問題が出てきてしまうのだ。 とりあえず公開手術だけ済ませれ
ばまた時間が稼げるというのだ。 副院長(天馬博士)にもばれずに手術は無事終る。

依頼主の医師(ロンメル)はそのまま帰って欲しかったが、ブラックジャックは次の日に術後を見て帰るといって
聞かない。 往診に出掛けると、患者の娘も部屋にいた。 実は彼女とは前の日に会って話をしていた。 そのおか
げでブラックジャックは正体がばれてしまうのだった。

医師でナイロン、 クロイチェルの大学の同級生でレッド公ガニマールが、 その他スパイダー(p.211)が出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
手塚治虫展図録(2009年)