Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1980年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第233話「再会」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1980年02月04日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1981年01月20日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック21 秋田書店 新書判 -
1983年05月20日 手塚治虫漫画全集167巻 ブラック・ジャック17 講談社 B6判 -
1988年02月20日 豪華版 ブラック・ジャック8 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック8 秋田書店 文庫判 -

『作品内容』
透明はトラックの運転手であり,ある時一人の女性をはねてしまう。 彼女の治療をしたのが若き日のブラックジ
ャックだった。 彼は彼女がメッケル憩室を持っている事から後日手術をさせる事を約束させる。 すっかり治って
も彼女は記憶を失ったままだった。

世話を焼いているうちに二人はやがて愛し合うようになる。 しかし,二人が出会ってちょうど1年後,彼女は突然
記憶が戻り出ていってしまう。 明はそれからグレだしてしまい,賭博場の手入れで捕まってしまう。 その裁判での
裁判長は何と彼女だった。 彼女は裁判官の卵だったのだ。 そして証人の一人にはブラックジャックが立ち,彼女
がメッケル憩室の手術をする事を描いた証文を見せる。 病室のベッドに横たわる彼女はそこで明を思い出すの
だった。

明の弁護人で豚藻負児, 警察でジュラルミン, その他スパイダーが出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
手塚治虫マンガ大全(1997年)