Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[七色いんこリストへ][1981年作品リストへ]

七色いんこ
第32話「R・U・R」(原典:Karel Capek)

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1981年12月18日号 - 週刊少年チャンピオン 秋田書店 B5判 読切連載 -
1991年03月30日 秋田傑作選集8 七色いんこ3 秋田書店 四六判 -
1994年10月17日 手塚治虫漫画全集345巻 七色いんこ5 講談社 B6判 -
1997年10月10日 秋田文庫 七色いんこ4 秋田書店 文庫判 -


『作品内容』
盗んだ1億円のダイヤをブレーメン座の人形の中に隠すいんこ。 千里刑事達に尋問されるが,ホンネ(ママー)が
現れたため精神病棟へ入れられる。
なんとか外へ出られたいんこはブレーメン座を訪れ,人形を手にしようとするが,人形は焼かれる寸前だった。 人
形使い(ヒゲオヤジ)は人形に魂を入れたら譲るという。 見事ダイヤを手に入れるいんこだが,ホンネによってダイ
ヤはトイレに流されてしまう。

刑事役で力有武が, ブレーメン座の人間でクッターが出演。

『原作を読みたい方は』
ロボット(岩波文庫)

『図版使用書籍』
手塚治虫キャラクター図鑑1(1998年)