Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[1982年作品リストへ]

「ふたりでリンゲル・ロックを」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1982年01月号
1982年02月号
- 月刊少年ジャンプ 集英社 B5判 連載 -
1982年06月20日 手塚治虫漫画全集179巻 ゴッドファーザーの息子 講談社 B6判 -
1995年05月25日 集英社文庫 手塚治虫名作集5「はるかなる星」 集英社 文庫判 -

『作品内容』
時は1989年、人は誰もが自分の行動をマイコンで決めていた。

世田ノ介は町外れに済むイブと付き合っていたが、父親からマイコンでの予測が最悪なので別れろ、と言われていた。
また、学校ではクラスメートの足塚がマイコンの予測で「1999年イブは世界を手に入れる」という結果を出していた。 傷つくイブは自殺をも図るが世田ノ介が阻止する。
「ぼくがついいてるさ!!」と。

時は流れ1999年、世田ノ介はある三流医大の研究室に籍を置いていた。 やる気の無い彼はサボっているところを教授(越前ガニ)に呼び出される。 スペースラブ「リンゲルロック」に搭乗してくれ、とセンターから要請があったのだ。 驚く彼はとにかく出掛けていき、断ろうとする。 しかし、もう一人のパイロットからの強い推薦によるものだった。 そのパイロットとはあのイブであった。 二人で宇宙に出たが、世田ノ介はロケットの中の籠が気になる。 イブに問いただすと宇宙人を入れると言う。 世田ノ介は10年前の予言の話を出すと、イブからこんな答えが出る。 つまり、「世界」は「世田ノ介」を縦に表示してしまったものだと言う。 この年イブは世田ノ介を手に入れる。 そして10ヶ月後、ロケットの中では宇宙人が生れた。

<参考文献:講談社全集>

『一口メモ』
ロケットの中で生れる子供を宇宙人である、と言う考え方は既にこの作品中で出されている。 「ガラスの地球を救え」の中で示されたこの表現に感銘を受けていたが、読みが足りなかった(^^;)。

『図版使用書籍』
手塚治虫の軌跡(1992年)
手塚治虫マンガ大全(1997年)