Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1983年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第239話「短指症」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1983年01月21日号
週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1984年02月10日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック24 秋田書店 新書判 -
1983年04月20日 手塚治虫漫画全集166巻 ブラック・ジャック16 講談社 B6判 -
1987年11月15日 豪華版 ブラック・ジャック6 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック6 秋田書店 文庫判 -

『作品内容』
ブラックジャックはテキサスの大牧場主のゴールドマウント氏の息子の手術を受ける。 確かに難手術である事は予想できたが,今まで誰も手を出さなかった事がふしぎであった。 案の定,手術を止めるように10万ドル持って男達が現れた。 ブラックジャックは彼らが帰った後すぐに手術を始め,無事終る。 男達を捕まえ,依頼主のところに連れて行くように言うブラックジャック。

そこにはゴールドマウントがいた。 彼は息子が自分の子供ではなく,妻と牧童頭のブライアンの間にできた子供だと信じていた。 それを聞いたブラックジャックはゴールドマウントと息子は二人とも短指症であり,これはほぼ間違いなく遺伝するものだと説明して去る。

医師で手塚先生が出演。

<参考文献:講談社全集>

『図版使用書籍』
手塚治虫の軌跡(1992年)