Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



ビッグコミック
1975年10月10日号(第8巻 第22号 No.214)

発行日 発行人 発行所 判型 編集人 表紙
1975年10月10日 相賀徹夫 小学館 B5判 八窪頼明 萩本欽一(日暮修一・画)

さすらいのギャンブラー:園山俊二(p.7〜10)
さんだらぼっち:石森章太郎(p.11〜39)
のたり松太郎:ちばてつや(p.43〜58)
凍鶴:上村一夫(p.63〜90)
むしられた花:水木しげる(p.95〜119)
ネコババと四十人の盗賊:小島功(p.127〜129)
ごくろう3:望月三起也(p.135〜148)
分岐点:藤子不二雄(p.149〜173)

シュマリ:手塚治虫(p.175〜198)

ゴルゴ13シリーズ:さいとう・たかを(p.199〜244)
赤兵衛:黒鉄ヒロシ(p.255〜258)

<シュマリについて>
1ページ端書き
「夜盗団との乱闘のさなか、シュマリたちの目の前に突然現れた弥七、その真意は!?」
最終ページ端書き
「無一物となり、友人の十兵衛をも失ったシュマリは、お妙を求めて札幌へ…次号『風塵の街』」