Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[1948年作品リストへ]

「20のトビィ<仮面の冒険児>」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1948年07月30日 - 仮面の冒険児 東光堂 B6判 描き下ろし単行本 -
1981年10月05日 - 虫の友7 手塚治虫ファンクラブ九州 B5判 - -
1993年11月17日 手塚治虫漫画全集324巻 拳銃天使 講談社 B6判 -
2000年07月01日 - 虫の採集箱5 パロマ舎 豆本 復刻 -
2011年12月25日 - 初期名作完全復刻版BOX2 小学館クリエイティブ B6判ほか 復刻

『作品内容』
伯爵の息子ピーター(ケン一)は顔のそっくりなギャングのキッドと入れ替わってしまう。 その結果ピーターは牢獄へ、キッドは亡くなった伯爵の後を継いで領主になる。 妹のローラ(リイコ)や爺や(花丸博士)はすっかり人の変わった新領主に疑いを持ち始める。

脱獄したピーターは20のトビィと名乗ってキッドの悪事を暴く。 しかしキッドは伯爵の遺産の在処を知っているかつての下男(ヒゲオヤジ)の飼い犬を手に逃げてしまう。 それを追うピーター。 キッドは実はその下男の息子だということが明らかになるが、キッドは底なし沼に落ちてあえなく最期を遂げる。 ピーターは今度はキッドに成りすましてその下男を連れて町に帰る。

警官で豚藻負児、 牢番でラムネ,カルピス、 ギャングでハム・エッグランプ、 その他オッサン(p.172)が出演。

<参考文献:講談社全集>

『図版使用書籍』
手塚治虫の軌跡(1992年)
手塚治虫大全(1997年)
手塚治虫全史(1998年)
手塚治虫の「新宝島」(2007年)
手塚治虫表紙絵集(2016年)

『リメイク』
「仮面の冒険児」少年クラブ1956年正月増刊号付録:横山光輝