Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[鉄腕アトムリストへ][1953年作品リストへ]

鉄腕アトム
第6話「海蛇島(原題:アトム赤道を行く)」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1953年08月号別冊付録 少年 - 光文社 B5判 読切連載 -
1956年06月01日 - 鉄腕アトム1 光文社 A5判 - -
1958年10月25日 手塚治虫漫画全集6巻 鉄腕アトム1 光文社 A5判 - -
1964年02月01日 カッパコミックス 鉄腕アトム2 光文社 B5判 - -
1965年12月5日 カッパコミックスデラックス 鉄腕アトム1 光文社 B5判 - -
1969年07月10日 手塚治虫全集 鉄腕アトム13 小学館 新書判 - -
1972年6月10日 少年漫画劇場4巻 空想科学 筑摩書房 四六判 - -
1976年7月15日 サンコミックス 鉄腕アトム21 朝日ソノラマ 新書判 - -
1980年01月20日 手塚治虫漫画全集222巻 鉄腕アトム2 講談社 B6判 -
1985年11月25日 - アトム赤道をゆく 手塚治虫ファンクラブ京都 B5判 復刻版 -
1987年03月06日 KCスペシャル305巻 鉄腕アトム1 講談社 B6判 - -
1992年11月24日 豪華愛蔵版 鉄腕アトム1 講談社 四六判 -
1995年10月 光文社文庫 鉄腕アトム1 光文社 文庫判 -
1997年4月20日 - 鉄腕アトムORIGINAL 光文社 B5判 復刻版
2000年04月 サンデーコミックス 鉄腕アトム21 秋田書店 新書判 -
2002年06月 講談社漫画文庫 鉄腕アトム1 講談社 文庫判 -
2003年4月7日 - 鉄腕アトム
HAPPY BIRTHDAY BOX
光文社 A3判 復刻版
2009年09月17日 鉄腕アトム<オリジナル版>復刻大全集 unit.1 ジュネオン B5判,ほか 雑誌掲載版の復刻
2014年12月28日 長編冒険漫画 鉄腕アトム1 復刊ドットコム A5判 光文社版の復刻

『作品内容』
アトムは海の底から助けを求める手紙の入っている瓶を山ほど見付ける。 それらはいずれもポチョムポチョム島から送られていた。
ロボット法によって国外に出ることは禁止されていたが、アトムは夜になってから出掛けていくのだった。 クビクビ島というところにた
どり着いたアトムはポチョムポチョムが巨大な蛇の名前だと知る。

その日はそれで帰って行くがエネルギーを大量に使ってしまいにそのわけを問い詰められる。 夜になり再び出掛けていった
アトムは地下要塞で奴隷のように働かされている人達と出会う。 アトムはそこでルミコとその父親(ケリガン)を助けるために奮戦し
て彼らをクビクビ島の少女に託して帰ってくる。

次の日もアトムは両親の心配を知りながらも国境を越える。 親子を救出させることには成功するが、ルミコの前で首を取られてしま
ったアトムは自分がロボットであることを知られたくなく姿を消す。 しばらくしてルミコ親子はアトムの学校を訪ねてくるが、ヒゲオヤジ
はロボット法のこともあり話を表立たせることはしなかった。 ルミコはアトムがロボットであることを今も知らずに父親と去っていく。

地下要塞の責任者でフランケンシュタインが、 その他ケン一タマオ四部垣が出演。

<参考文献:講談社豪華愛蔵版>

『映像化』
鉄腕アトム-第22話「海蛇島」-
(1963年:虫プロ制作・テレビアニメ)

鉄腕アトム-第37話「ポチョムポチョム島のルミー」-
(1981年:手塚プロ制作・テレビアニメ)

『図版使用書籍』
わたしの手塚治虫体験(一):真崎守著(1990年)
手塚治虫博物館:小林準治著(1998年)
手塚治虫全史(1998年)
手塚治虫キャラクター図鑑1(1998年)
ある日の手塚治虫(1999年)
鉄腕アトムコンプリートブック(2003年)
図説鉄腕アトム(2003年)
原画の秘密(2006年)
描きかえられた「鉄腕アトム」(2008年)
フィギュア王No.129(2008年)