Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[1955年作品リストへ]

「とんから谷物語」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1955年01月号〜1956年03月号 - なかよし 講談社 B5判 連載 -
1997年12月16日 手塚治虫漫画全集382巻 とんから谷物語 講談社 B6判 -
2002年06月10日 秋田文庫 舞踏会へきた悪魔 秋田書店 文庫判 -
2011年02月25日 手塚治虫オリジナル版復刻シリーズ ナスビ女王 国書刊行会 A4判 雑誌復刻版

『作品内容』
三角との戦いに敗れとんから谷を追い出されるりすのまき毛一族。 途中蛇に襲われるも逃げる事に成功するが、キツ
ネに追われた時子供のジロは川に落ちてしまう。 ジロは心の優しい少女、サナエに拾われ育てられる。 しかし、大地震
に襲われサナエは両親(父親:チルチル)を亡くしてしまう。

目の見えないサナエはごん太の故郷のとんから谷へ向かう。 ところがそこへいく途中でジロを追って電車を降りてしまう
サナエは置いてきぼりを食ってしまう。 人買い(ハム・エッグランプ)にさらわれそうになるが電車を飛び降り一難は去る。
サナエは山を登り優しい狩人の家で暮らす事になる。

彼はサナエを病院に通わせ目の治療を行わせる。 ジロはその頃三角を追い出しとんから谷に住み着いていた。 サナエ
の目が治った頃、とんから谷をダムにする話が持ち上がってくる。 しかもその計画はサナエの父親が進めていたものだ
った。 苦悩するサナエ。

しかし、そのダム計画は目をみはるものがあり、アメリカの会社がアイデア料をサナエに払う事になる。 山越えをしようと
したジロたちは凍え全滅寸前となるが、サナエの提案で皆助けられる。 ダムの下に沈んだとんから谷。 ごん太は電気の
事を勉強しようと思い立つ。

電車の乗客でクッターが出演(p.23)。

<参考文献:講談社全集>

『図版使用書籍』
手塚治虫作品集4「リボンの騎士」(1984年)
手塚治虫の軌跡(1992年)
手塚治虫大全(1997年)
手塚治虫全史(1998年)