Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[1969年作品リストへ]

「0次元の丘」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1969年03月30日号 - 週刊少年サンデー 小学館 B5判 読切 -
1970年05月25日 手塚治虫全集 鉄の道 小学館 新書判 - -
1973年03月05日 ベストコミック1巻 ライオンブックス1 虫プロ商事 A5判 - -
1977年01月14日 - 週刊少年サンデー新春増刊号 小学館 A5判 - -
1979年08月20日 手塚治虫漫画全集124巻 タイガーブックス4 講談社 B6判 -
1995年05月25日 集英社文庫 手塚治虫名作集5「はるかなる星」 集英社 文庫判 -
1997年09月01日 - ビッグ作家究極の短編集 手塚治虫 小学館 A5判 -
2002年05月08日 ちくま文庫 手塚治虫マンガ音楽館 筑摩書房 文庫判 -
2003年01月 講談社漫画文庫 恐怖短編集6「復讐の輪廻編」 講談社 文庫判 -
2004年04月01日 - 手塚治虫マガジン4月号 kkベストセラーズ B5判 - -

『作品内容』
利男は「トゥオネラの白鳥」を聞くたびに涙していた。 さらに白い壁の家と枯れた木が心に浮かぶという。 母親に昔住んでいた家の
事を聞いてもそんな風景はないという。 自分がこの家の子ではないと思った利男は家出を図る。 すぐに兄に見つけられるのだが、
不安は去らない。

しかも同じ「トゥオネラの白鳥」でもベルヌ(山浦博士)の指揮したもの意外には彼は反応しないのだ。 先生に相談すると、世界中
で利男と同じ年の子ども5人が同じ事を言っているという。 ある時脳波計を付けて調査をすると、利男は別人格になりベトナムのリ
エンタ村が自分の家だと言い出す。 兄らはユネスコを動かし、5人の子どもをリエンタ村に連れて行く事に成功する。 同時に指揮
者ベルヌも同行する事になった。

ベルヌによると彼は「トゥオネラの白鳥」がどうしてもうまく指揮できず、一度自殺を図ったという。 その時意識下である丘にたどり
着き、そこから落ちないようにして蘇生したのだった。 その後に指揮したレコードに利男たちは過剰反応していたのだった。

彼らが村に着くと確かに白い壁と枯れた木があった。 不意に子供たちは銃を奪い、立てこもってしまう。 彼らはここで虐殺された
村人の輪廻の姿だったのだ。 何とか元に戻すため、近くによって銃を空に向かって連射した。 前の時代で殺された場面を再現し
たのだ。 彼らは元に戻った。 前の記憶は全くないという。 残っているのは丘のようなものだけだった。

他の子どもの親の顔でヒョウタンツギ(p.88)が出演。

<参考文献:講談社全集>

『図版使用書籍』
手塚治虫の軌跡(1992年)
手塚治虫大全(1997年)
手塚治虫全史(1998年)